不倫慰謝料の相場はいくら?

不倫の慰謝料はいくら?慰謝料の相場をご紹介!

 既婚者の男性、または、女性と不倫をしてしまい、慰謝料を請求されましたが、請求されている金額は妥当なのでしょうか?
不倫慰謝料の請求を受けた方が最も気になる点といたしましては、やはり金額になるものと思います。
実際に、法律相談の際には上記のようなご質問は必ず受けております。

今回は、既婚者と不倫をしてしまって、その配偶者から慰謝料請求をされてしまった方のために、不倫慰謝料の相場と、実際に金額が決まる際に考慮される要素についてご紹介いたします。

1.不倫慰謝料に相場なんてあるの?

そもそも、不倫慰謝料に相場が存在するのかと疑問に思われる方もいらっしゃると思います。
結論から言わせていただきますと、不倫慰謝料にも相場というものが存在します。

不倫慰謝料とは、簡単に言ってしまえば、不倫によって受けた精神的な損害(ショック)を金銭的に評価するといくらなのかというものになります。
精神的なショックの度合いを形式的に決めることは難しいですから、不倫慰謝料に相場が存在することに疑問を持たれるのも当然かと思います。

実際に裁判をする際には、裁判所は具体的な金額を決めなければなりませんから、不倫慰謝料がいくらになるかという判断の具体例は蓄積されています。
今回ご紹介する不倫慰謝料の相場は、裁判所がどのような場合にいくらの不倫慰謝料を出してくるのかという、裁判所の相場ということになります。

なお、今回の記事でご紹介する相場は、不倫慰謝料についてのみになります。
裁判所が実際に判断をする際には、不倫慰謝料の他に、探偵の調査費用や弁護士費用が加算されていることもありますので、ご注意いただければと思います。(もっとも、実際には探偵の調査費用が賠償額に組み込まれることは滅多にありませんし、弁護士費用についても認められる慰謝料額の10パーセント程度までと運用されています。)

2.不倫慰謝料の裁判所の相場はいくらなの?

それでは、実際に裁判所の不倫慰謝料に関する相場はいくらなのか、ご紹介いたします。

個別の事案ごとに具体的な慰謝料の金額は異なりますが、概ね、50万円から300万円が相場となります。
50万円から300万円では広すぎるというご指摘は当然かと思いますので、もう少し詳細にご説明いたします。

まず、おおまかな相場は、不倫の結果がどうなっているのかによって分けられます。
具体的には、

  1. 不倫のあとも夫婦が同居を継続している場合、
  2. 不倫のあと、夫婦が別居した場合、
  3. 不倫のあと、夫婦が離婚した場合、

の3つの場合です。

夫婦が同居を継続している場合(①の場合)の不倫慰謝料の相場は、50万円から150万円程度になります。
こちらに関しましては、以前は50万円から100万円程度の傾向がありましたが、私の経験上、最近は100万円から150万円の間で不倫慰謝料を認める裁判例も増えてきている印象がありますので、少々広めにしております。

夫婦が別居した場合(②の場合)の不倫慰謝料の相場としては、150万円から200万円程度になります。

夫婦が離婚に至った場合(③の場合)の不倫慰謝料の相場としては、200万円から300万円程度になります。

このように裁判所の相場が分かれる理由は、不倫の結果が重大であればあるほど、精神的なショックの度合いも大きいという考え方によるものとなります。

3.実際に不倫慰謝料の金額を決めるときにはどうやって決めるの?

おおまかな不倫慰謝料の裁判所の相場をご紹介いたしましたが、具体的な金額はどのように決まるのかにつきましても、要素の羅列になりますが、簡単にご紹介いたします。

  1. 当事者の学歴・職業・地位・収入・資産など(こちらは、表立って考慮事情に入れることは稀ですが、裁判官の裁量の範囲で実際のところ考慮しています。)
  2. 不倫が始まった時点での夫婦の関係(婚姻期間の長さや、夫婦の仲が良好であったかどうかという観点になります。)
  3. 夫婦間に幼い子どもがいるか(夫婦間に幼い子どもがいる場合、不倫慰謝料が高額になります。)
  4. 不倫に対する積極性など(どちらがより積極的であったかという観点になります。)
  5. 不倫の期間の長さ・回数・内容(期間が長く、回数が多いほど不倫慰謝料が高額になります。)
  6. 不倫がバレたあとの夫婦の関係(別居しているかどうかや、夫婦間で不倫慰謝料の請求がなされたかどうかなどになります。)
  7. 不倫がバレたあとの不倫慰謝料を請求した人と請求された人との関係(謝罪をしたかどうかや、嫌がらせ的な行動をしたかどうかという観点になります。)

今回ご紹介した要素は、代表的な要素になりますので、個別の事案ごとにより具体的に要素を考える必要があります。
不倫慰謝料の具体的な金額を決める場合には、今回ご紹介した裁判所の相場の中で、事案ごとの具体的な要素を検討していくということになります。

弁護士のホンネ

今回ご紹介した不倫慰謝料の相場は、あくまでもおおまかなものになります。
実際には、裁判所の不倫慰謝料についての相場感覚は時代の流れとともに変わっていく可能性が否定できないと思います。
また、具体的にいくらになるかは事案ごとに変わりますし、相場よりも低額、または、高額になることもあり得ます。
個別具体的な事案ごとの裁判所の判断に関しましては、今後も分析を重ね、記事として作成することも考えておりますので、今後はそちらもご参考いただければと考えています。
実際の金額の見通しや、今回ご紹介した以外にも要素として検討することが可能かどうかについてのご相談も承っていますので、お気軽にご相談にいらしていただければと思います。
>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!