不倫がバレたとき、認める?しらを切る?

不倫がバレた場合、素直に謝った方が損?それとも得?

「不倫がバレてしまって、妻に問い詰められたんだけど、どうすれば良い?」
「不倫相手の奥さんから不倫慰謝料の請求をされたのですが、認めて謝った方が良いですか?」

 横浜の弁護士の荒木です。昨今、芸能人の不倫に関するニュースが、連日ワイドショーを賑わしていますね。
 芸能人のように好感度が重要な職業の場合、不倫がバレてしまった場合どう対応するかによって信用を失ってしまうこともありますよね。
 そして、一般の方でも不倫がバレてしまった場合、どう振る舞うか悩む方は多いようです。
 特に、不倫相手の配偶者やその代理人弁護士から、内容証明郵便などで不倫慰謝料請求をされた場合、どのように対応すれば良いのかというご相談は非常に多いです。
 では、不倫相手の配偶者に不倫がバレてしまった場合、どのように振る舞うのがベストなのでしょうか
 素直に認めて謝る方が良いのでしょうか?
 それとも、あくまでシラを切り通した方が良いのでしょうか?
 離婚・男女トラブルを専門とする弁護士が解説いたします。

◎ 不倫を素直に認めて、相手に謝罪すれば慰謝料が安くなる傾向に。

 不倫がバレてしまった場合、当然考えられるのは、不倫相手の配偶者から慰謝料請求をされる可能性があります。
 一般的に不倫慰謝料の相場としては、100〜300万円と言われています。
 そして、不倫がバレてしまった時に、不倫相手の配偶者に対して、素直に離婚を認めて謝罪をした場合には、法的には、謝罪したことは慰謝料の減額事由として考慮されます。
 つまり、不倫相手の配偶者に対して支払うべき慰謝料の金額が安くなる傾向があるのです。

◎ 不倫について謝罪しなかったり、否認したりすると、かえって慰謝料が高くつくことも。

 逆に、不倫の事実が認められるのに、謝罪をしなかったり、不倫はないと否認したりした場合には、その分不倫相手の配偶者を傷つけたとして、慰謝料が増額されることがあります。

 このように、法律的には、不倫がバレた場合の対応次第で、慰謝料の金額が減額されることも、増額されることもあります。

◎ 不倫を認めた謝罪した方が穏当に解決する可能性も上がる?

 不倫は犯罪ではありませんが、民法上は「不法行為」という違法な行為であり、一般的には、不倫相手の配偶者を傷つけてしまうものです。
 何よりも、不倫を頑なに認めず謝罪もしない場合、ただでさえ感情的になっている相手方をさらに刺激することとなり、火に油を注ぐ結果になりかねません。
 
 そうですから、不倫がバレた場合、話し合いで穏当におさめたいのであれば、素直に認めて謝罪をして、できる限り慰謝料の金額を低くできるよう交渉する方が得策かもしれません。

《弁護士のホンネ》

 実は、私は不倫を請求する側よりも、請求されている側の代理人弁護士となるケースが多いです。
 私は、(事案にもよりますが、)不倫慰謝料の事案で裁判で争うことになってもお互いお金も時間もかかるだけなので、できる限り、穏当に話し合いでおさめるべきだと考えています。
 そして、あくまで経験則ですが、不倫の事実を素直に認めて謝罪をした方が、結果としてスムーズに解決まで進むケースが多いように感じます。
 もちろん、不倫慰謝料請求をされている側にとって、有利な事情があればしっかり主張して慰謝料の減額や免除を主張します。
 もっとも、相手方をやみくもに感情的に刺激してしまうのも考えものです。かえって話しを拗らせてしまいます。
 つまり、相手方側の心情もおもんばかって、認めるべきところ・謝罪するべきところは自らの非を認め、その上でこちらに有利な事情は主張していく・・・そう言った絶妙なバランス感覚が不倫慰謝料を話し合いで解決するためには必要なのかもしれません。

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。 初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。 あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!