交際とは違う!「婚約」のリスク、弁護士が解説します!

 プロキオン法律事務所弁護士の山﨑慶寛です。

 

 今回は、婚約と婚約の破棄について解説します。

 

1 婚約は簡単に成立してしまう!

 恋愛結婚のプロセスをザックリと言うと、

 男性と女性が、

①知り合う。

 

②交際関係となる。

 

③ 将来結婚することを約束する(婚約)。

 

④ 結婚する。

 との経過を辿るものと思われます。

 

 ③の婚約とは、文字通り「将来結婚することの約束」です。

 男性と女性が将来結婚することの約束を取り交わした瞬間に、婚約は成立します。

 

 婚約するために必要な準備は一切ありません。

 口約束でも婚約は成立しますし、家族や友人などが知らなかったとしても婚約は成立します。

 判例上も、「当事者がその関係を両親兄弟に打ち明けず、世上の習慣に従つて結納を取かわし或は同棲しなかつたとしても」婚約の成立を認めたものがあります(最高裁判所昭和38年9月5日判決。)。

 

 ただし、将来結婚することの約束は、明確かつ真摯であることが必要となります。

 そのため、裁判実務上、婚約の成否を巡り、婚約の成立を否定したい方から「確かに口約束はしたが、真摯な約束ではなかったんだ!」などと主張されて争いになることもしばしばあります。

 

 ただ、将来結婚することの約束の取り交わしに加えて、両親に紹介したとか、婚約指輪を贈ったとか、結婚後の同居に向けた家探しをしたとか、結婚式の開催に向けた対外的な準備をしたとかいった事情があれば、「婚約」の成立は認められる傾向にあります。

 

 

2 婚約してから実際に結婚するまでの間に起きる変化

 婚約すると、これまでの交際関係とは事情が一変します。

 結婚すれば今までの独身としてのライフスタイルとは全く異なる状況になりますから、その準備もしなければなりません。

 結婚式をするのであれば、結婚式の規模をどの程度とするかとか、資金はどのくらいかけられるかとか、双方の両親の意見の調整をちゃんとできるかとか、乗り越えなければならない問題は山盛りです。

 

 また、婚約して交際相手との結婚を明確に見据えた瞬間、交際相手のことで色々と気になることが生じるものです。

 婚約を契機に、交際相手が交際中に言っていた家族のこと・仕事のこと・財産のこと・性的な能力のこと等に関する嘘が発覚することもあります。

 それに、結婚後の生活は実のところ実際に結婚した後に実践してみなければ分かりませんから、結婚後の生活に漠然と不安を感じたりもします。

 

 このように、婚約してから実際に結婚するまでの間、それまでの交際関係とは事情が全く異なってきます。

 交際相手と一緒に、今までとは異なる大きな課題やストレスを乗り越えていかなければなりません。

 そして、そのようなことをしているうちに、「本当にこの人と結婚して平気だろうか?」、「私は本当にこの人と結婚したいのだろうか?」などといった疑問が生じることもあるでしょう。

 

 

3 婚約は一方的に破棄できる!

 婚約した後になって、やっぱり結婚したくないと考えるに至った場合は、婚約を破棄することができます

 婚約の破棄は、相手が何と言おうが一方的にすることができます

 婚約がどれほど真摯な約束であっても、両親や親族一同に紹介し合い結婚を確約していたとしても、合意書などの書面で約束を取り交わしていたとしても、婚約の破棄は一方的にすることが可能です。

 結婚したくない相手との望まぬ結婚を強制されることは決してありません。誰と結婚をするかという自由は、人権の中核とも言えるもので、憲法で保障されています。

 

4 婚約を破棄した場合の代償

 ただし、相手にとって正当な理由なく婚約を破棄した場合には、慰謝料の支払義務は発生してしまいます。

 婚約の破棄の正当な理由の具体例としては、

  • 相手が別の異性と性的関係に及んだ。
  • 相手から暴言・暴力を受けた。
  • 相手が性的に不能であることが発覚した(相手が隠していた。)。

などが典型例です。

 

 その他にも、相手が非常識な言動や婚約前からの大嘘が発覚したなどの事情も「婚約」の破棄の正当な理由に該当することがあります。

こうした場合には、慰謝料を払うことなく婚約を破棄できます。

 

 一方、こうした正当な理由がない場合には、慰謝料を払って婚約を破棄することになります(もちろん、相手が慰謝料を請求をしてきた場合です。)。慰謝料の金額は、単純な一方的破棄では30万円〜100万円ほどとなる例が多いです。

 

 他方、相手が婚約を契機に退職したとか、相手が妊娠しているとか、婚約を破棄した者の浮気が破棄の理由となっているなどの事情がある場合は、100万円を超え、中には400万円以上となる例も見られます。

 

 もっとも、慰謝料を支払わなければならない場合でも、婚約の破棄自体は認められます。結婚に伴う義務は大変なものです。婚約を破棄するかどうかの判断は、完全に自由です。

弁護士のホンネ

結婚すると、簡単には離婚できません。

離婚したくてもできなくて悩んでいる人は本当に多いです。

他方、婚約したとしても、結婚する前であれば、一方的に婚約を破棄してリセットすることが可能です

その際、慰謝料を取られる可能性はありますが、慰謝料を取られない可能性もあります。むしろ逆に婚約を破棄せざるを得ない理由を相手が作っていた場合には、慰謝料をもらえる可能性もあります。

日本の離婚率は年々増加傾向にあり、平成30年度には約35%にも上ります。

将来離婚したり、離婚したくてもできない状況に陥って悩んだりするよりも、婚約後結婚前の時点で思い切ってリセットする方が人生に与えるマイナスの影響は小さくて済みます。

婚約後結婚前の時期は、結婚という人生そのものに極めて大きな影響を及ぼす極めて重大な決断の最終判断のための期間と言えるかもしれません。

マリッジブルーという言葉もあるくらい、ナーバスになる時期でもあります。

婚約後になって初めて見えてきた相手のことや人生のことを考え、今一度このまま結婚に踏み切って良いかどうか、改めて検討してみるのも良いかもしれません。

弁護士の無料相談実施中!


プロキオン法律事務所は、横浜駅徒歩6分渋谷駅徒歩7分大宮駅徒歩3分の好アクセス。離婚・男女トラブルに関するご相談を60分無料で承ります。お気軽にお問い合わせください。

0120-533-284

メールで相談予約

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!

24時間無料相談電話受付 今すぐ無料相談予約