コロナ離婚とは何か?コロナをきっかけに見直す夫婦関係!

コロナの関係で家にいる時間が増えていますが、夫(妻)と喧嘩をする時間が増えて辛いです。
いわゆるコロナ離婚の危機でしょうか?

 

弁護士法人プロキオン法律事務所弁護士の井上です。

現在、新型コロナウイルスに関連して在宅勤務や外出自粛などの事情があり、以前よりも夫や妻と家で共に過ごす時間が多くなっている方は多いです。

そして、いわゆるコロナ離婚という単語をお聞きになっている方も多いと思います。

 

今回は、コロナ離婚に関連して、現時点で夫婦関係について見直すことの有用性を以下の順番でご紹介いたします。

コロナ離婚とは?今だけの特別な事情なの?

コロナをきっかけに見直すべき夫婦関係とは?

将来を考えて今、夫婦関係を見直そう!

 

1 コロナ離婚とは?今だけの特別な事情なの?

 

コロナ離婚とは何でしょうか?前提としてコロナ離婚と呼ばれているものの実態をご説明します。

 

現在、新型コロナウイルスの影響で外出の自粛や在宅勤務が要請されている実情があります。

そうしますと、必然的に家から外に出る時間が減り、夫婦が揃って家にいる時間が増えることになります。

夫婦が家で一緒にいる時間が増えれば、それだけ話をする時間や接触をする時間も増えます。

 

そうした中で、今までは仕事の関係で目につかなかった夫または妻の様々な行動や発言が気になりだします。

このような事情と、家から外出をすることができず、日々たまってしまうストレスなどが重なり、夫婦間で以前より喧嘩が増えてしまうのです。

当然のことですが、喧嘩をすれば夫婦関係は一時的にであっても険悪な状態になりますので、その状態で生活をすることが更なるストレスを生む、という悪循環に陥ってしまいます。

こうした悪循環が積み重なり、耐えきれずに離婚に至ってしまうというのがいわゆるコロナ離婚の典型例です。

 

関連記事

 夫と妻、男と女がすれ違うことが避けられない理由については、「男と女が4年で離婚するには理由がある??」でお話しさせていただきました。 離婚理由として最も多く挙げられるのが、「性格の不一致」というものです。考[…]

 

では、コロナ離婚に至ってしまう事情は、コロナ禍にある現状における特別な事情なのでしょうか?

結論から申しますと、特別な事情ではありません。

コロナ離婚の原因は、夫婦が一緒に過ごす時間が長くなることで、これまで気にならなかった夫または妻の言動が気になるという点にあります。

外出自粛等が解除されれば、ストレスの蓄積は軽減されると思われますので、ストレスをきっかけに夫婦喧嘩に発展する可能性自体は下がるかもしれません。

ですが、ストレスというのは目に見えないものですし、いつ爆発するかというのもわかりません。

夫婦が一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、気になる言動が増えれば増えるほど、コロナ離婚と同様の事態に陥る可能性は高くなるのです。

 

以上に述べましたように、コロナ離婚を今だけの特別な事情と考えるのではなく、将来的に直面する可能性の高い問題として、夫婦関係そのものを見直すきっかけにしていただければと思います。

 

2 コロナをきっかけに見直すべき夫婦関係とは?

 

では、コロナをきっかけとして見直すべき夫婦関係とはどのようなものでしょうか。

 

結婚して子育てを経て歳をとり、仕事を退職して余生を共に過ごすというのが結婚生活や夫婦関係のあるべき流れです。

この過程で、夫婦間における接し方やお互いに尊重するべきところ、気を使うべきところというのは、必ず存在します。

夫婦関係においては、相互の理解と尊重が不可欠なのです。

そして、多くの場合は、仕事の退職時期に夫婦関係の再構築、すなわち、長い時間を共に過ごす際のあり方を探ることになります。

この時に、夫婦関係の再構築に失敗してしまうと、いわゆる熟年離婚という事態になります。

 

関連記事

 さて、今回は、あなたが配偶者との離婚を決意した場合、実際にどのように話を進めていくべきかという、「交渉ルール」についてお話しします。ルールとはいっても、相手のためにあるものではありません。あくまでも、あなた自身のための「武[…]

 

コロナをきっかけに夫婦関係を見直す、ということは、本来であれば仕事の退職の時期に行うことを前倒して行うということになります

コロナをきっかけに見直すべき夫婦関係とは、長い時間を共に過ごす夫婦間における、相互の理解と尊重の構築です。

より具体的には、相手が何を思い、自分に対して何を求めているのか、自分や相手がどうしても譲れないところがどこにあるのか、夫婦が共に過ごすためにお互いにできることは何なのか、といった点を話し合うことが必要です。

 

逆に言えば、これまで説明させていただいたような、夫婦間における相互の理解と尊重ができないということであれば、コロナをきっかけとして、離婚という形での夫婦関係の見直しも必要になるでしょう。

当然、離婚という結論は、できることなら避けたいと思われる方が多いと思います。

しかし、コロナ離婚というのは、将来的に同様の事情が発生しうるものですので、新たな人生を再出発するという意味では、離婚も選択肢の一つとして検討することも、将来の幸せを考える上では必要になると思います。

 

3 将来を考えて今、夫婦関係を見直そう!

 

大切なのは、夫婦の将来を見据え、現時点で話し合いを行うことです。

とはいえ、現実的に喧嘩が多くなってしまって難しいという場合も多いと思います。

コロナの影響による外出自粛や在宅勤務という事情も、時間の経過とともに解消されることになります。

喧嘩になってしまい話し合いができないということであれば、一旦実家に帰るなどして時間をおくことも有効です。

外出自粛や在宅勤務の解消がなされれば、このような対応も可能になります。

 

その上で、一度冷静に、夫婦関係を見直し、相手と将来も含めて長い時間を共に過ごすことができるのか、そのためにはどうするべきなのかということをよく考えてみてください。

そうして、相互に歩み寄ってより良い夫婦関係を構築するという選択肢も、残念ながら離婚をするという選択肢も、いずれの選択肢も捨てずに検討してください。

そうすることで、夫婦の将来の幸せや自身の幸せを考え、実現することが可能になります。

コロナをきっかけとして、これまでの夫婦関係を見直す機会を設けていただければと思います。

 

弁護士のホンネ 

今回は、最近話題になっているコロナ離婚の実態とその原因を説明させていただきました。

その上で、コロナ離婚の原因となる事情は特別な事情ではないこと、将来的に同じような事態に陥る可能性があることもご説明いたしました。

夫婦関係は、長く共に過ごすことが前提になりますので、夫婦関係の見直しというのは、どこかのタイミングでは行うことになります。

夫婦関係の再構築、継続、または離婚、このような複数の選択肢から、自分の幸せのための選択肢を選ぶ必要があります。

この記事が皆様のこれからの人生の選択の一助になれば幸いです。

弁護士の無料相談実施中!


プロキオン法律事務所は、横浜駅徒歩6分渋谷駅徒歩7分の好アクセス。離婚・男女トラブルに関するご相談を60分無料で承ります。お気軽にお問い合わせください。

0120-533-284

チャットで相談予約

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京)にお任せください!