初めての弁護士との法律相談・離婚相談を充実させるポイント2つ!

横浜駅の弁護士の荒木です。

離婚や男女問題でお悩みの方にとって、弁護士に相談することは、私ども弁護士が思っている以上に勇気がいることかもしれません。

しかも、通常、初回の法律相談は30分から1時間の短い時間。

でも、せっかく相談するなら、充実したものにしたいですよね!

そこで、弁護士の立場から、初めての法律相談・離婚相談を充実したものにするためのポイントをお教えします。

資料を持って行こう!

基本的ですが、見落としがちなのが、資料を持っていくこと!

資料って何?かと思うかもしれません。

たとえば、

裁判所から来た書類(調停の呼出状、申立書。裁判の訴状など。)

相手方から、調停や裁判を申し立てられた場合ですね。

非常に重要なので、必ず持っていくようにしましょう。

弁護士は、申立書や訴状の内容を確認して、法律上の見通しやどういう戦略で進めるべきかアドバイスします。

不倫の証拠(写真、メール、探偵の報告書、手紙など)

不倫の証拠が手元にあるのであれば、ぜひ持って行きましょう。

証拠が十分かどうか判断するために必要です。

  • 自分で作ったメモや日記など
  • 子どもの写真など

こういったものも、ご夫婦の間にどのような事実があったのか確認するために有益です。

お子様の写真も、イメージを膨らませるために、持ってきていただけるとありがたいです。

そのほかにも、弁護士に見てもらいたいものがあったら、なんでも持参していただければと思います。

資料がないと、どうしても一般的な話に終始することになってしまいがちです。

ぜひお手持ちの資料は全部(可能であればですけどね!)持ってきていただければと思います。

質問したいことが多い場合、質問表などを用意!

せっかく弁護士に相談するチャンスということで、いろんなことを質問したい方も多いと思います。

その場合には、ぜひ質問表のようなものを作って持ってきていただければ、もれなく質問にお答えできると思われます。

弁護士も30分から1時間という時間の区切りがあるので、時間を意識して相談を進めていきます。

質問表があれば、いったいどれくらいの質問に答えればいいのか、どれくらいの時間をかけてそれぞれの質問に答えればいいのか、弁護士も把握できます。

結果として、あなたの質問に十分答えることができるのです。

弁護士のホンネ

是非、資料は持ってきていただければと思います。一通り目は通しますので。

それと、質問表ですが、一度、1時間の相談枠で、100個くらいの質問を用意された方がいらっしゃいました(笑)

確か、終わり際には一つの質問に対して10秒くらいで早口で回答した記憶があります。

それでも、相談者の方が満足げに帰られた様子が印象的でした。

やはり不安だからこそ、いろいろとご質問があったのでしょうね。

弁護士の無料相談実施中!


プロキオン法律事務所は、横浜駅徒歩6分渋谷駅徒歩7分大宮駅徒歩3分の好アクセス。離婚・男女トラブルに関するご相談を60分無料で承ります。お気軽にお問い合わせください。

0120-533-284

チャットで相談予約

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!