こんなのが証拠に使われる!?不倫・浮気の「意外な証拠」ベスト3!

なかなか立証が難しいとされる不倫や浮気。もちろん、不倫や浮気を主張する理由としては、それによって離婚を認めてもらったり、あるいは配偶者またはその不倫・浮気相手に慰謝料請求をすることにあると思います。ですが、どんなにあなたが配偶者の不倫・浮気の事実を確信していても、それを証明できなければ裁判所は不倫の事実を認めてくれません。 

基本的な不倫・浮気の証拠については、「不倫の証拠ベスト5!ここに紹介!」でもご紹介しましたが、もっと特殊で、当事者も気づきにくいものがいくつかあります。今回はそれをご紹介しましょう。

1.GPS

GPSは、昨今携帯電話やカーナビに利用されていますが、たとえばランニング愛好者用の小さいGPS器具というものもあります。
こうした器具は、大きさで言えばせいぜいのところマイクロレコーダー程度で、ポケットにも入りますし、カバンにしまってもほとんど重さを感じないものです。

こうしたGPS器具を、たとえば配偶者のバッグに忍ばせたり、車の前部座席前のボックスに入れておいたりして、配偶者がどこに出かけて行ったのかを追跡する、という方もいます。そして、そのやり方はあまり綺麗ではありませんが、効果としては大きいことは否定できないのです。

どこに出かけたのかというのは、せいぜいのところ地図上で明らかにできる程度ではありますが、たとえばそこの地図付近に不倫相手の住所があれば、その不倫や浮気の全貌をある程度明らかにすることが可能でしょう。頻繁に不倫相手、浮気相手と会っていれば、結婚生活を侵害する程度が大きくなりますから、慰謝料金額に影響を与えることも十分に考えらえます。

2.カーナビ履歴

次に、車に搭載されているカーナビ。ここで役に立つのは、目的地を指定した履歴であったり、実際にその場所に赴いたことを示す履歴です。
これは見落とされがちで、あとからバレてあわてる方もいます。不倫・浮気相手とどこでデートをしたのかがわかることになります。特に、一人では絶対にいかないような場所などは、言い訳ができなくなることがあるのです。
特に男性であれば、よっぽどの人でなければ一人では夢の国ディズニーランドには行かないですし、いちご狩りには行きませんよね。言い逃れが難しくなります。

3.クラウドで繋がってるパソコン

最後に、パソコンです。
最近のパソコンは、クラウド機能を搭載しており、スマートフォンやタブレットのアプリと同期していることが多いです。
すると、家にパソコンが置かれているとき、妻がそれを見ることさえできれば、夫がスマートフォンやタブレットで何を検索しているのかが分かってしまいますし、メモ帳やevernoteといったアプリケーションに書き綴った不倫・浮気を思わせるメモも、妻の前に露わになってしまうわけです。

このような、気付きにくいが、非常に強力な証拠となりうるものがありますので、知っておいても損はないのではないでしょうか。
もちろん、それぞれの証拠が直ちに不倫や浮気の証明の決定打になることは多くはありません。そのほかの証拠を合わせて、それを補強し、慰謝料の金額などに影響を及ぼさせることができるのです。

弁護士のホンネ

 
今は様々な種類のデバイスが登場していますので、不倫・浮気を証明するための方法が増えたことは間違いないでしょう。
ただし、本文にも書かれていますが、それだけで証拠として決定打になることは多くはありません。不貞の行為として慰謝料が発生するような不倫や浮気というのは、デートやキスでは足りません。あくまでも、性交渉を伴っていることが基本なのです。
もっとも、こうした決定的な証拠が必要となるのは、あくまでも裁判所に判決をしてもらう時です。
こういう場ではないとき、たとえば弁護士を通した交渉や調停などでは、決定打とまではいかなくとも、それを強く推測させるような証拠さえあれば、相手も折れるということがよくあります。また、不倫や浮気の事実は認めなくとも、「解決金」名目で、金額の交渉に乗ってくることもよくあります。そのことを、最後にお伝えしておきたいと思います。

弁護士の無料相談実施中!


プロキオン法律事務所は、横浜駅徒歩6分渋谷駅徒歩7分大宮駅徒歩3分の好アクセス。離婚・男女トラブルに関するご相談を60分無料で承ります。お気軽にお問い合わせください。

0120-533-284

メールで相談予約

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!

相談予約