不倫慰謝料の請求、本人同士と弁護士同士でどう違う?

不倫慰謝料で、本人同士の交渉と弁護士同士の交渉はどう違う!?

不倫慰謝料を請求したいんだけど、自分から請求することって出来るんですか??
不倫慰謝料を弁護士に依頼するメリットはなんなの??
 

旦那様や奥様の不倫が判明し、不倫相手に不倫慰謝料を請求する事案はとても増えています。

その中で、弁護士がご相談者様からよく頂くお悩みが、不倫相手に慰謝料請求をするにあたって、自分で直接慰謝料請求するのと、弁護士に依頼して慰謝料請求するのとでどっちが良いのかというお悩みです。

 

当然、弁護士に依頼した場合ですと、通常、20万円前後の着手金がかかります。

それでは、本人同士で直接交渉する場合と、弁護士に依頼して交渉する場合は、具体的に何が違うのでしょうか?

弁護士にお金をかけて依頼をするメリットはなんでしょうか?

 

離婚・男女トラブルを専門とする弁護士が解説いたします。

 

1.トラブルになりやすい本人同士の交渉、あくまで打算的な弁護士同士の交渉

 

ご本人同士で慰謝料の交渉をする場合、ご本人から不倫相手に直接お電話やお手紙で連絡を取ったり、ときには直接お会いして、不倫の事実を問い詰めたり、慰謝料をお支払いただくよう交渉したりすることが多いと思います。

そこで、大事なことは、不倫相手にキッチリと不倫の事実を認めさせて、反省をさせた上で、慰謝料を支払ってもらうよう約束させることです。

 

もっとも、不倫相手本人との話し合いはとてもストレスフルなものです

相手が不倫の事実を否認したり、感情的になったりして、嫌な思いをする方も少なくありません。

 

また、不倫相手に対する話し方も注意しなければなりません。

こちらは不倫の被害者なのに、不倫相手から「名誉毀損」や「脅迫」だと言われて、さらなる精神的苦痛を受けることも少なくありません。

 

他方で、弁護士に依頼した場合には、通常、弁護士から不倫相手に対して内容証明郵便で、不貞の事実を告げ、慰謝料請求をいたします。

最初の請求金額は300〜500万円程度のことが多いです。

 

そして、先方にも弁護士がつけば、弁護士同士での話し合いで、不倫の事実を認めるのか、慰謝料を総額いくらでどのような条件(一括や分割など)で支払うのかを決めることになります。

 

弁護士同士の交渉は、双方ともに裁判になった場合の見通しを検討して、感情的な話を度外視して、あくまで打算的に金額を検討して、淡々と進みます。

基本的には書面のやりとりを行うことが多いです。

 

なお、弁護士から不倫相手に慰謝料請求する場合、弁護士から不倫相手に対して、あなたやその親族・職場に対する接触はしないよう強く要請します。

そのため、弁護士から請求をした段階で、本人同士のやりとりは無くなるのが通常です。

 

弁護士に依頼した場合には、このように不倫相手本人と接触しなくて済みますので、ストレスは少なく、トラブルを防ぐことができます

 

関連記事

 不倫や浮気の慰謝料を請求する側も、請求を受けた方も、最も気になる点といたしましては、やはり金額ですよね。実際に、法律相談の際には  既婚者の男性、または、女性と不倫をしてしまい、慰謝料を請求されました[…]

不倫慰謝料の相場はいくら?

 

 

2.金額まちまちな本人同士の交渉、裁判の相場に近い弁護士同士の交渉

 

不倫慰謝料の相場は、一般的には100〜300万円と言われています

 

そして、ご本人同士の交渉の場合、不倫慰謝料の金額はまちまちといった印象です。

弁護士から見るとびっくりするほど高額な慰謝料でまとまることもあれば(300万や500万円など)、不倫相手が慰謝料の支払いを拒否して結局1円を取れずじまいというケースもあります。

このように非常に金額の差が大きいのが特徴です。

 

他方で、弁護士同士の交渉の場合には、慰謝料の金額は裁判での相場に近くなるという特徴があります。

 

イメージとしては、100〜200万円の範囲内でまとまることが多いように見受けられます(もっとも個別具体的な事情により慰謝料の金額は変動いたします。)。

弁護士であれば、当然、裁判になった場合の見通しを考えながら、不倫慰謝料の交渉をするので当然のことではあります。

逆に言えば、相場よりも大幅に高い金額で解決というのは、弁護士同士の交渉では難しいかもしれません。

 

3.早く話をまとめるなら本人同士の交渉、どうしても時間はかかる弁護士同士の交渉

 

ご本人同士の交渉の場合には、早い場合には一日や一週間など非常に短期間で話し合いがまとまることもあります。

しかし、弁護士同士の交渉の場合には、話し合いがまとまるためには、最低でも3ヶ月程度、通常6ヶ月程度かかります。

どうしても、弁護士が、色々な事情を確認して、似ている事例の裁判例を調べて、書面を作成してご本人に確認していただいて、、という工程を経るので、時間はかかってしまいます。

 

まとめると、不倫相手と直接交渉することがストレスだとか、トラブルを起こしたくないのであれば、できる限り弁護士に依頼した方が良いでしょう

 

逆に、本人同士の交渉が苦にならないのであれば、まずは直接お話し合いをして、それでもダメなら弁護士に依頼するということでも良いかもしれません。

ぜひ、皆様のご参考にしていただければと思います。

 

弁護士のホンネ

ご本人同士の交渉であっても弁護士同士の交渉でも、不倫の慰謝料請求で大事なことは、不倫相手に事実を認めさせて、反省をさせた上で、慰謝料を支払ってもらうことです。

弁護士は専門なだけあってそのノウハウはありますので、もしご不安があればいつでも相談してください。

弁護士の無料相談実施中!


プロキオン法律事務所は、横浜駅徒歩6分渋谷駅徒歩7分の好アクセス。離婚・男女トラブルに関するご相談を60分無料で承ります。お気軽にお問い合わせください。

0120-533-284

チャットで相談予約

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京)にお任せください!