不倫慰謝料請求で、不倫相手の名前、住所、連絡先などがわからない場合、あなたがすべきこと3つ

こんにちは、弁護士法人プロキオン法律事務所弁護士の荒木雄平です。

不倫慰謝料請求をしたいけれど、不倫相手の名前、住所、連絡先などがわからない場合、困りますよね。

 

不倫相手は許せないし、しっかりと慰謝料は払ってもらいたい。

LINEの履歴や写真など配偶者(旦那様、奥様)の不倫の証拠はあるけれど、肝心の不倫相手の素性がわからない・・・という人も少なくないと思います。

 

そこで、今回は

不倫相手の名前、住所、連絡先がわからない場合の対処法不倫相手の個人情報や素性を調べるためにあなたがするべきこと

を状況別に、まとめました。

 

不倫相手への慰謝料請求をスムーズに進めるために、この記事がお役に立てれば幸いです。

なお、不倫や浮気、慰謝料請求に関する全般的な知識については、下記の関連記事をご覧ください。

 

関連記事

本ページでは、あなたの配偶者が不倫や浮気をした場合に、誰に対して、どのような行動を起こすことができるのか、そして、その後の手続きの方法などについてご説明いたします。逆に、あなたが不倫や浮気をしてしまった場合であれば、どのようなリスクがある[…]

不倫に関する基礎知識

 

1 不倫慰謝料のために必要な不倫相手の情報は?

まずは不倫慰謝料請求するためには、大前提として不倫相手のどのような情報が必要なのでしょうか。

 

(1) 不倫相手の名前、住所または勤務先の情報が必要

 

先に回答から言ってしまうと、不倫慰謝料請求のためには

  • 不倫相手の名前
  • 不倫相手の住所 または 勤務先 のいずれか

の2つの情報が必要です。

 

(2) 不倫相手の名前、住所がわかる場合→慰謝料請求OK

 

不倫相手の名前と住所がわかれば

  • 弁護士からの慰謝料請求のための通知書送付
  • 裁判所への慰謝料請求訴訟の提起

のいずれも可能です。

ただし、不倫相手が実家に住んでいて家族と同居しているなどの事情がある場合には、弁護士からの通知書に弁護士名や法律事務所名を出さずに、個人名で送付するなどの配慮をすることは重要です。

 

(3) 不倫相手の名前、勤務先がわかる場合→慰謝料請求OK

 

不倫相手の住所はわからないけれども、勤務先がわかる場合にも、慰謝料請求は可能です。

ただし、不倫相手の住所がわかる場合には、勤務先に対する送付することは、不倫相手の就業環境に与える影響が大きいため、住所の方に送付することになります。

 

(4) 不倫相手の名前がわからない、又は住所・勤務先がわからない場合→慰謝料請求NG

 

そもそも不倫相手の名前がわからない場合には、慰謝料請求はできません

慰謝料請求するためには、特に訴訟するためには、個人を特定する必要があります。

そのため、名前がわからないと、不倫相手個人を特定することができないからです。

 

また勤務先や住所がわからない場合にも、慰謝料請求はできません

これも弁護士からの慰謝料請求の通知書も、裁判所からの訴訟書類の送達もできないからです。

裁判所の訴訟では、訴訟書類が送達できない場合、公示送達という制度がありますが、公示送達が認められるのは非常にハードルが高いです。

 

2 不倫相手の名前、住所を調べる方法

まずは不倫相手の連絡先(電話番号、メールアドレス、LINEのIDなど)はわかるけれども、不倫相手の名前や住所がわからない場合の対処法についてご紹介しましょう。

 

(1) 不倫相手の電話番号がわかる場合

 

配偶者のスマートフォンの履歴などから、不倫相手の電話番号がわかる場合、弁護士に依頼をすれば、弁護士会照会(23条照会)を利用して、携帯電話のキャリア会社(NTTドコモ、au、ソフトバンクなど)に対して契約者情報を照会することが可能です。

 

契約者情報の照会は、通常、携帯電話のキャリア会社に登録されている

  • 氏名
  • 住所

などが弁護士会宛に回答されます。

 

もし不倫相手の電話番号がわかれば、弁護士会照会を通じて、不倫相手の名前や住所は調査可能です。

ただし、注意していただきたいのは、

  • ソフトバンクは回答に応じないことがある。
  • 弁護士に弁護士会の照会のみ依頼することはできない(不倫慰謝料請求自体を依頼する必要がある)。
  • 弁護士会照会の結果は目的外利用はできない。

の3点にご注意ください。

特にソフトバンクは、かつては全て不開示の回答でしたが、いまだに回答拒否の事例が見受けられますので、ご注意ください。

 

(2) 不倫相手のメールアドレスがわかる場合

 

不倫相手の携帯電話キャリアメール(〜@docomo.ne.jp,〜@ezweb.ne.jp, 〜@softbank.ne.jp)のメールアドレスがわかる場合、(1)の携帯電話番号がわかる場合と同様に、弁護士会照会で携帯電話のキャリア会社に照会して、不倫相手の名前や住所などの契約者情報を照会可能です。

ただし、これもソフトバンクが回答に応じない可能性があるのは(1)と同様です。

 

また、携帯電話のキャリアメールではなく、Googleなどのアドレス(〜@gmail.comなど

)の場合には、外国企業なので弁護士会照会には応じません。

 

(3) 不倫相手のLINEのIDがわかる場合

 

不倫相手のLINEのIDがわかる場合には、弁護士会照会でLINE株式会社に照会して、LINE登録の際の携帯電話番号を照会することが可能です。

LINE株式会社から携帯電話番号の回答があれば、(1)の通り、携帯電話キャリア会社に契約者情報を照会することになります。

ただし、注意いただきたいのが、LINE株式会社への弁護士会照会のためにはLINEのIDが必要であるということです。

LINEのトーク画面やホーム画面、フレンド名だけでは弁護士会照会は難しいので、LINEのIDを取得するようにしましょう。

 

関連記事

妻が浮気した、夫が浮気した、いずれにしても、気持ちのいいことではありません。浮気の相手方に慰謝料の請求を!と憤ることもあるかもしれませんが、本来は自由恋愛が大原則であって、夫婦間の問題で収めるべきかもしれません。ただ、そうはいってもその悔[…]

 

3 不倫相手の電話番号、メールアドレス、LINEのIDのいずれもわからない場合

財産の分与はいつの時点?

それでは、不倫相手の電話番号、メールアドレス、LINEのIDのいずれもわからない場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

(1) 探偵や興信所に依頼して調査する

 

一つの方法としては、探偵や興信所に依頼して、配偶者の方の不貞調査を依頼することです。

探偵が配偶者を尾行して、不倫相手と会ったらその後は不倫相手を尾行して、不倫相手の氏名や住所などが判明するケースがあります。

 

もっとも、探偵や興信所に調査を依頼する場合には、多額の費用が発生しますので、よくご相談して信頼できる業者さんに依頼するようにしましょう。

 

(2) 配偶者に確認する

 

最後の手段としては、配偶者に直接聞いてみることです。

配偶者の方が離婚を求めていない場合には、不倫相手の情報を教えてくれれば離婚しないであげるなどと交渉することで、不倫相手の情報を教えてくれるケースがあります。

 

ただし、配偶者の方が開き直って、不倫相手をかばうケースも多いので注意が必要です。

特に、あなたから配偶者に不倫相手の情報を聞くということは、あなたが不倫相手の情報を大して掴んでいないということがバレバレになってしまいます。

 

そのため、できる限りの情報や証拠を集めた上で、最後の手段として配偶者に直接聞くようにしましょう。

 

まとめ

  • 不倫慰謝料請求するためには、「不倫相手の名前」と「不倫相手の住所 または 勤務先 のいずれか」の2つの情報が必要。
  • 不倫相手の「携帯電話番号」「携帯メールアドレス」「LINEのID」がわかれば、弁護士会照会で不倫相手の名前や住所などの契約者情報を照会可能。
  • 不倫相手の情報がわからない場合には、費用がかかるが探偵業社に依頼、最後の手段として配偶者に直接聞くなどの方法を検討しましょう。

 

なお、不倫慰謝料の相場については下記の関連記事をご覧ください。

関連記事

 不倫や浮気の慰謝料を請求する側も、請求を受けた方も、最も気になる点といたしましては、やはり金額ですよね。実際に、法律相談の際には  既婚者の男性、または、女性と不倫をしてしまい、慰謝料を請求されました[…]

不倫慰謝料の相場はいくら?

 

また、男性向けに、不倫妻から高額の慰謝料を獲得したい場合のテクニックについては下記の関連記事をご覧ください。

関連記事

妻が最近、急にお洒落になったり、深夜の帰宅が増えたりと様子がおかしいなと思っていたのです。怪しいと思い、妻のスマホを確認したら、会社の上司と『愛してる』『またいっぱい気持ちいいことしようね』などと見るも耐えないやり取りをしていま[…]

 

弁護士のホンネ

 不倫慰謝料請求する場合に、不倫相手の情報が断片的にしかない状況での対処法いかがでしたでしょうか。

不倫相手に慰謝料請求するには、不倫の事実の証拠だけではなく、不倫相手の個人情報がどうしても必要になります。

できる限り早い段階で弁護士に相談して、不倫慰謝料請求するためには何が十分で、何が足りないのかアドバイスを聞くようにしましょう。

こちらの記事があなたの不倫慰謝料請求のためにお役に立てれば幸いです。

弁護士の無料相談実施中!


プロキオン法律事務所は、横浜駅徒歩6分渋谷駅徒歩7分大宮駅徒歩3分の好アクセス。離婚・男女トラブルに関するご相談を60分無料で承ります。お気軽にお問い合わせください。

0120-533-284

チャットで相談予約

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!