元妻が面会交流の約束を守らない!そんなあなたのための面会交流調停のすすめ。

離婚であなたを守り切る。横浜プロキオン法律事務所

「−妻が離婚するときには子どもに会わせてくれると約束したのに、離婚したら一切会わせてくれない!」

離婚した後に妻が子どもに会わせてくれないという悩みを持つお父さんは非常に多いです。

月に1回会わせてくれると言ったのに、なにかに理由をつけて面会を断られたり、ときには音信不通になったりと、子どもに会えない状況はとても辛いですよね。

それでは、妻に、子どもに会わせるという約束を守らせるためにはどうすればいいのでしょうか?

 家庭裁判所に面会交流調停を申し立てしよう!

結論から言いますと、家庭裁判所に「面会交流調停」というものを申し立てましょう。

これは、調停委員を通して、妻と、子どもの面会交流やその条件について話し合う手続きです。

なぜ、妻との直接の話し合いではなく、家庭裁判所の手続きを利用するかというと、これから述べるようなメリットが夫側にはあるからです。

 裁判所の調停委員から妻側に面会交流をするよう説得してくれる(ことが多い)

裁判所の面会交流に対する考え方はズバリこんな感じです。

「特別な事情(夫が虐待やDVをしていたり、子ども自身が本心から父親に会うことを望んでいないなど)がない限り、面会交流はした方が良い!」

なぜかというと、裁判所は、面会交流は夫だけではなく、同居していない父親との交流を通じて、子どもにも大きなメリットがあると考えているからです。

そうですから、元妻が、ただ単になんとなく会わせたくないとか、元夫が嫌いだからという理由で、面会交流を拒むことはできません。

したがって、調停委員も、子どもの福祉のためにも、面会交流をさせてあげなさいと、妻に対して説得してくれることが多いです。

 家庭裁判所の調査官が面会交流のために調査をしてくれることも

元妻が面会交流に消極的な場合、家庭裁判所の職員である調査官が、妻と面接をしたり、家庭訪問をして子どもと面会したりして、面会交流をすべきかどうか調査をしてくれることもあります。

そして、その調査の結果も、面会交流の調停での話し合いに反映されることになります。

 どうしても話し合いがまとまらない場合、裁判所の審判で面会交流の条件が定められる

どうしても調停で話し合いがまとまらない場合、審判という手続に移行し、裁判官が夫側妻側双方の意見を聞いた上で、適切な面会交流の条件について審判という判断を下すことがあります。

 調停や審判で決まった内容については、妻が守らないと間接強制という罰金があることも

調停や審判で面会交流の条件が定まった場合、その内容が「具体的」であれば、妻がその条件を守らない場合、裁判所に対して間接強制というものを申し立てることができます。

間接強制というのは、妻が条件を守らない場合、罰金のようなものを支払うことになるので、それにより面会交流を行うよう促すものです。

ただし、これは相当「具体的」に定まっている必要があります。

たとえば、

  • 日時・・・毎月第1土曜日の午前10時から午後5時まで
  • 引き渡しの方法・・・JR横浜駅西口改札前で、子どもを引き渡し

などと、非常に細かく定める必要があります。

そうですから、調停や審判では、日時や引き渡しの方法について細かく決めた上で、間接強制のできる条項にする必要があります。

 最後の手段は、親権者の変更!

もっとも、間接強制というのは、お金を払うだけなので、それでも子どもに会うことができないということはありえます。

その場合は、最後の手段で、親権者を元妻から元夫側に変更する調停を申し立てるという選択肢もあります。

面会交流を拒絶し続ける妻は、子どもの福祉を真剣に考えているとは言えないので、親権者としてふさわしくないと裁判所に申し立てるのです。

もちろん、これはこれまでの交渉の全ての過程で、有効な脅し文句(もし誠実に面会交流に応じてくれない場合、親権者変更もやっちゃうよ?)にもなります。

いかがでしたでしょうか。

お子様になかなか会えない状況というのは非常に辛いものです。

それでも何か必ず方法はありますから、簡単に諦めないでください。

無料離婚相談の流れ

《弁護士のホンネ》

お子様に会えない状況は、本当に辛いですよね。

離れて暮らすお子様も、お父さんと長い間会えないのはとても寂しい思いをしていると思います。

私としては、面会交流はより積極的に行われるべきだと思いますし、もっと一般的になってほしいと願っています。

そのためにも、面会交流調停などには積極的に取り組んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚であなたを守り切る。横浜プロキオン法律事務所
弁護士 荒木 雄平(あらき ゆうへい)

弁護士 荒木 雄平(あらき ゆうへい)

投稿者プロフィール

横浜東京での無料相談にてお待ちしております」

リコネット 当サイト運営元
弁護士法人プロキオン法律事務所代表

横浜と東京に展開する、離婚・男女問題に特化した法律事務所です。年間350件の法律相談実績を持ち、交渉、離婚調停、裁判の豊富な実績があります。初回相談は無料です。次の6つの特徴が、多くのお客様から支持される理由です。

弁護士法人プロキオン法律事務所の6つの特徴
離婚・男女問題に特化。専門ならではの最高レベルのサービスの提供
☑年間350件の離婚・男女問題に関する法律相談実績
横浜駅徒歩6分、渋谷駅徒歩7分の好立地、好アクセス
日本最大級の離婚情報ポータルサイト「リコネット」の運営を通じた情報発信
☑働く方々のため、土日、祝日、平日夜間の無料相談が可能(9:00~21:00)
☑まるでカフェのようなホスピタリティあふれる相談ルームでの対応

無料相談の流れ、お申し込みはこちらをご覧ください。

弁護士費用については、こちらをご覧ください。

《LINEで簡単無料相談お申込み》
弁護士法人プロキオン法律事務所のLINE無料相談お申込みアカウントです。
LINEで簡単にご相談お申込みが可能です。
スマートフォンで「友だち追加」ボタンをタップして下さい。
友だち追加数

この著者の最新の記事

関連記事

プロキオン法律事務所(横浜事務所)

TEL: 0120-533-284
平日: 9am - 8pm
土日祝: 10am-7pm
※離婚・男女問題に特化した弁護士事務所です。横浜駅西口「岡野の交差点」のすぐ近くです。無料相談を承っています。

プロキオン法律事務所(東京事務所)

TEL: 0120-533-284
平日: 9am - 8pm
土日祝: 10am-7pm
※離婚・男女問題に特化した弁護士事務所です。渋谷駅徒歩7分、青山学院大学のすぐ近くです。無料相談の予約を承っています。
横浜プロキオン法律事務所

ピックアップ記事

  1. 1 納得できない2分の1ルール? 財産分与とは、婚姻期間中に夫婦で蓄積した財産を、離婚時に夫…
  2. 横浜の弁護士の荒木です。 性格の不一致やDV(暴力)、モラハラなど理由は様々ですが、夫と離…
  3. 結婚から10年以上たち、子どもも大きくなってきた40代。 夫や妻との同居生活に耐えかね、離…
  4. 「離婚や男女問題で専門家の力を借りたい!」 「法律的な見解や相場を知りたい!」 横浜…
  5.  「妻が離婚になかなか応じてくれない.」.. 横浜の弁護士の荒木です。 離婚弁護士として…
  6. なぜ男と女はすれ違うのでしょうか。 これについて知ることが、夫婦のお互いに対する理解につな…
  7. 奥様と暮らしているあなたにお聞きしてみたいことがあります。 奥様は、あなたに対する信頼や安心を…
  8. さて、今回は、あなたが配偶者との離婚を決意した場合、実際にどのように話を進めていくべきかという、…
ページ上部へ戻る
当サイト運営 プロキオン法律事務所(横浜・東京)