妻から離婚を切り出されたら?必ずチェックするべき3つのポイント

—妻からいきなり離婚を切り出されてしまった。私は離婚しなければならないのでしょうか?

と混乱した面持ちで相談に来られる方も少なくありません。

円満だと思っていた妻からいきなり離婚を切り出されたとき、どう対応したらいいのか、離婚しなければいけないのかとオロオロしてしまいがち。

そこで、妻からいきなり離婚を切り出されたときに、最初に必ずチェックしなければいけないことを、弁護士がお教えいたします。

妻が離婚を求めている理由は?

基本的に、まず一番重要なことは、妻が離婚を求めている理由を知ることです。

というのも、離婚には、大きく分けて、協議離婚・調停離婚・裁判離婚の3つがあります。

そのうち協議離婚と調停離婚については、夫婦が離婚すると合意することが必要なので、あなたが離婚に「Yes」と言わない限り、離婚にはなりません。

ただし、裁判離婚では、以下のような事情(離婚事由と言います。)があると裁判所が認めると、あなたが離婚に「No」という意見でも無理やり離婚させられてしまいます。

  • あなたが不倫をした
  • あなたが悪意の遺棄をした
  • あなたが3年以上の生死不明
  • あなたが強度の精神病で回復の見込みがない
  • そのほかに婚姻を継続し難い重大な事由がある(DV、暴力などはこちら。5年程度の別居期間が必要なことが多いです。)

そうですから、妻がなぜ離婚をしたいのか、特に上にあげた事情があるかどうかを見極めることが非常に重要になるのです。

もし、妻が、性格の不一致や、妻側の事情によって離婚したいと言っているのであれば、裁判離婚での離婚事由がなさそうなので、ひとまず安心と言えるかもしれません。

あなたは不倫をしていない?そして不倫の証拠を握られていない?

それと重要なことが、裁判で認められる最も多い離婚事由は、「不倫」です。

この不倫の事実が妻によって証明されてしまうと、裁判所は妻の離婚の訴えを認めてしまいますし、場合によっては多額の慰謝料も支払わなければなりません。

そこで、もう一度、胸に手を当てて、あなたが不倫をしていないかどうか(そして不倫が妻にバレていないのか)確認をしましょう。

なお、妻が裁判で不倫を主張して離婚や慰謝料を求めるには、「証拠」が必要になります。

場合によっては、多額の探偵費用をかけて、不倫現場の写真を撮り・・・というケースも散見されます。

そうですから、仮に不倫をしていたとしても、その証拠を抑えられていないかどうか把握することが重要です。

それと、しばらくは「尾行」に気をつけて、帰宅のルートを日によって変えたりしましょう(気をつけても相手がプロの探偵だと無駄かもしれませんが。。)。

妻は不倫をしていない?そしてその証拠はない?

逆に、妻が自分で不倫をして、その挙句、夫との離婚を求める・・・という身勝手な理由で離婚を求めるケースも今の時代珍しくありません。

そして、妻も馬鹿ではありませんから、自分が不倫をしたなどとは頑として認めず、あくまで離婚したい理由として性格の不一致や愛情がなくなったなどということが多いです。

日本の法律では、婚姻関係の破綻を招いた(たとえば不倫をした)有責配偶者が離婚を求めるのは、かなり長期間の別居状態が続いているとか、未成熟の子どもがいないとかの事情がない限り、原則として認められません。

また、離婚をするにしても、あなたから、不倫をした妻に対して、慰謝料の請求が認められることもあります。

そうですから、妻の不倫という事情があれば、離婚の話し合いをあなたに有利に進めるための強力な武器になります。

そして、その証拠が重要であることも、先ほどと同様です。

そうなので、妻に怪しいところはないか、そしてその証拠がないかどうか今一度確認をしてみましょう。

弁護士の無料相談実施中!


プロキオン法律事務所は、横浜駅徒歩6分渋谷駅徒歩7分大宮駅徒歩3分の好アクセス。離婚・男女トラブルに関するご相談を60分無料で承ります。お気軽にお問い合わせください。

0120-533-284

メールで相談予約

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!

24時間無料相談電話受付 今すぐ無料相談予約