20代・30代の若年離婚で、注意してほしいポイント3つ

いまや、3組に1組のカップルが離婚する時代。

さらに、離婚のピークは結婚4年目という調査結果もあるように、20代・30代の若年層の離婚も増加傾向にあります。

そして、若いカップルの離婚問題には、注意しなければいけない「揉めがちなポイント」が3つほどあります。

それでは、一体、若い方特有の揉めがちポイントとは何でしょうか。

子どもがまだ小さい!

若いカップルが離婚する場合、特に揉めがちなのが、子どもの問題です。

父親・母親が20代・30代だと子どももまだ小さく、しっかりと意思表示できる年齢ではありません。

子どもが小さいと両親の離婚のことなどわかりませんし、子どもの意見を直接聞くわけにもいきません。

そうですから、夫と妻が子どもを取り合って、子どもの泥沼の親権争いに発展することも珍しくありません。

さらに、親権問題が片付いたとしても、子どもとの面会交流をどうするのかという問題は残ります。

特に子どもが幼いと、長時間の面会交流は負担になるので、その方法や頻度について揉めがちです。

住宅ローンがいまだオーバーローン!

結婚して、念願のマイホームを購入したものの、徐々に夫婦仲が悪化し、離婚の話し合いに・・・というケースは多いです。

さらに、最悪の場合、妻が家を出たり、夫が家を追い出されたりなどと、住宅ローンが残っている状態で、別居状態になることも。

ところが、この住宅ローンが困りものなんです。

住宅ローンを組んで支払い続けて数年程度では、自宅を売却したとしても、売却金額よりも残ローン金額の方が多く、残債務が残ってしまう状態です。

そうですから自宅を売るわけにもいかず、住宅ローンと自宅をどうするのか、財産分与などで揉めがちです。

場合によっては、自宅を売却して、残りのローンについては自己破産でチャラに・・・というケースもありえます。

自宅を残す場合には、住宅ローンは誰が払うのか、自宅には誰が住み続けるのか、しっかりと話し合いをする必要があります。

お金がない!

そして、一番の問題は、若いカップルの離婚では。皆さんお金がないことが多いのです。

夫や妻に対して、慰謝料を請求したい!財産分与をふんだくりたい!という方も多いでしょう。

しかし、ない袖はふれないので、50代以上の熟年離婚のケースに比べて、財産分与も慰謝料も少なくなりがちなのが、若年層の離婚なのです。

あまりお金の問題で話し合いがズルズルと伸びてしまうと、貴重な時間を浪費していまいます。

早く離婚すれば、その分早く自由になれて、もしかしたら再婚など新しいチャンスもあるかもしれません。

ですから、夫婦にお金がない場合、お金の問題にこだわり続けない一種の「潔さ」も求められるのかもしれません。

以上のように、20代・30代の若い世代の離婚には、熟年離婚とは違う難しさや揉めがちのポイントがあります。

この記事を読まれているあなたが、これらの落とし穴にはまらず、円満に離婚して、1日も早く新しいスタートを切ることを願ってやみません。

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!