話し合いの「プロセス」を重視する妻。離婚を避けるために夫がやるべきこと。

「妻が突然子どもを連れて出て行って、別居を始めてしまった。」 

こう述べて相談に来られる男性の方々が多くいます。
そのひとつひとつは事情が異なるものですが、 多くに共通することがあります。
それは、夫が、妻のもっている女性特有の性格を、これまであまり考えてこなかったという点です。

共に暮らしていく妻は、この世界の半分を占める女性の一人です。
この女性というものにあまりにも無頓着であると、日々の生活の中で、少しずつすれ違いが生じ、 ある日突然それが爆発してしまう、ということがよくあります。

今回は、日々を妻と過ごしている夫のみなさんのために、女性(妻)に特有の傾向の一つである、「プロセスの重視」についてお話しします。

1 プロセスを重視する女性の傾向とは?

これをお読みになっているあなたも、女性は結果ではなくプロセスを重視する、ということをどこかでお聞きになったことがあるかもしれません。
以前、「夫婦のすれ違いを改善する方法とは?夫と妻それぞれの方法」でもお伝えしましたが、男性は問題解決力、女性は協調力を、数百万年に渡る狩猟採集時代の役割分担により培ってきました。男女平等が唱えられている現代社会においても、そうした歴史の名残は色濃く残っています。

こうした男性と女性の傾向をしっかりと配慮するならば、それぞれに応じた話し合い方というものが出てきます。
例えば、相手が男性であれば、言いたいことについては結論を先に述べて、その理由として、より説得的なものを順に述べていくというのが、分かりやすくて効率的なため望まれます。短くて簡潔なものが、限られた時間と能力を最大限に活かせるからです。

逆に、相手が女性の場合、相手と同等の立場で、協力し合いながら一緒になって答えを見つけていく、ということの方が好まれます。

2 交渉現場でも使われる、女性相手の「プロセスの重視」

実際、欧米の会社では、取引先の担当者が男性であるか女性であるかにより交渉方法を変え、それにより成果を出しているところがあります。具体的には、交渉相手の担当者が男性である場合は、こちら側は比較的地位の高い役員を連れて交渉に臨み、こちらがベストと思う解決策をピンポイントで提示し、その理由を順序良く効率的に説明していきます。
一方、担当者が女性の場合は、こちら側は、現場担当者複数名を引き連れて交渉に臨み、複数の提案を示しつつ、一つ一つの案について良い面と悪い面を話し合いながら、ベストなものを女性の交渉相手と「一緒になって」選択していくのです。

3 妻との会話での「プロセスの重視」

女性のこうしたプロセス重視の傾向が分かれば、家庭生活における妻との会話のやり取りでも、工夫できる余地が出てくるのではないでしょうか。
たとえば、妻があなたに対して、家事の分担割合について不満を言ってきたとします。それに対してあなたはどう答えるべきでしょうか。

なるほどわかった。家事の分担割合を6対4にするというのはどうかな。具体的には、君が食事を作って、そのほか買い物と洗濯を担当する。一方僕は食器洗い、ゴミ出し、風呂洗いをやるよ。それがお互いにとって得意不得意をうまく反映しているものだしね。

と言うのが良さそうでしょうか?
いえいえ、これで奥様の不満がすんなり解消するとはとても思えません。もし奥様がこの答えにうなずいたとしても、心の奥底ではやりきれない思いを抱き続けてしまうのは間違いありません。

妻は、夫が理屈でもって決定するということに、非常な違和感を感じるでしょう。先ほどもお話しした通り、女性にとって大事なのは、問題の解決のための「プロセス」です。「上」からの回答をそのまますんなり受け止めることはできません。

たとえば、

なるほど、今の状態だと君に家事の負担をかけ過ぎてしまっているね。どういう点が特に大変なんだろう。うん、そうか、食事か。やっぱり毎日食事を作るとなると、そのための買い物をしないといけないよね。ほかに大変なのは、、、うんうん、なるほど、翌日の食事の内容も考えないといけないってことだね。それなら、毎日交代交代で、食事作りの担当を替えるというのを一度やってみようか?

というのはいかがでしょう。

これに対して妻がOKというかは別問題です。ここで重要なのは、「プロセス」、つまり、妻の言い分にしっかり耳を傾け、妻の不満を取り除ける方法を、「一緒になって」探っていくという姿勢です。こうした話し合いによって、最終的に結論付けられた結果については、妻も受け入れることができるでしょう。

あなたにも、ぜひ奥様との話し合いにおいては、この「プロセスを重視すること」を実践して見てほしいと思います。妻の夫に対する信頼や心の安らぎは、日々のあなたの対応の積み重ねによって決まります。表向きは円満でも、実際は妻が我慢していただけという場合、ある日突然破局が訪れることも多いものですから。

 

弁護士のホンネ

女性の傾向を知っておくということは、円満な家庭生活だけではなく、仕事を始めとする日々の社会生活でも重要なことではないでしょうか。もはや女性の社会進出が著しい現在、常に男性のやり方ではスムーズにはやっていけない状況になりつつあります。
私も弁護士として仕事をしていて、たとえば相手が女性であるか、男性であるかによって、かかる労力や負担のあり方が変わってきます。それぞれに合ったやり方で行うことが、問題の解決につながることが多くあります。

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!