• 2022年1月28日

元配偶者から自宅不動産を返してもらう方法!弁護士の解説

当事務所にご相談に来られる方の中には、すでに離婚自体は成立しているものの、財産分与でもめてしまったために相談に来られる方もおられます。 そして、離婚後も自分の所有している自宅不動産に元配偶者が居住し続けているため、一刻も早く自宅不動産を返してもらいたいという相談も相当数あります。 そこで今回は、離婚成立後に自宅不動産を元配偶者から返してもらうための方法について説明します。

  • 2022年1月12日

交際相手に未婚だと騙された!子供の認知を求める場合の注意点と対策

 本来、子供ができるということはこの上なく嬉しい事柄です。 しかし、悲しいことに、交際相手が既婚であるということを隠して交際し、その結果として子供ができてしまうこともあり、そのような事情の方がご相談に来られることもあります。 今回は、交際相手に未婚であると騙されていた場合に、子供を認知してもらう際のリスクや対策を説明します。

  • 2022年1月4日

特有財産からの収入は婚姻費用の計算でどう扱われる!?

別居中の夫婦のうち、収入が多い方は、収入が少ない方に対して、生活費(婚姻費用)を支払う義務を負います。では、あなたが婚姻関係とは無関係に得た財産(特有財産)から収入を得ている場合には、その特有財産から得た収入も婚姻費用の金額の算定に当たって考慮されるのでしょうか。説明します。

  • 2021年12月7日

【諦めないで!】「婚姻関係が破綻している」との理由で婚姻費用の支払金額を減額できる場合がある!

ネット上の記事を色々と調べるうちに、あなたはこのような結論に至っているかもしれません。「自分は婚姻費用を支払わなければならないようだ」果たして、本当にそうでしょうか。そもそも婚姻関係が破綻している場合でも、婚姻費用の支払いを延々と続けなければならないのでしょうか。説明いたします。

  • 2021年11月17日

隠れて風俗店で勤務していた妻に慰謝料請求はできるか

妻が自分に隠れて性風俗店勤務をしていたことを知ってしまった場合、離婚を考える方は多いと思います。しかし、単に離婚するだけではなく、離婚についての慰謝料も請求することはできるのでしょうか。以下、性交行為の存在が立証できる場合とできない場合に分けて解説します。

  • 2021年10月29日

離婚した後も自宅に住み続ける方法を解説します!

離婚をする際に問題となることを2つに大別すると、子供の問題と、資産の問題です。 (参照:【保存版】これで完璧!離婚のときのお金・財産分与の基礎知識) 今回は、特に自宅不動産の財産分 […]

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京)にお任せください!