TAG

離婚したい男性向け

  • 2024年2月22日

妻が離婚に応じてくれない。そんな時は資産運用で将来の財産分与に備えるのもアリ?

今回は、妻が離婚に応じてくれない場合に、支払うべき金融資産を一旦資産運用した上で、実際に離婚する時に支払うやり方について考察します。この場合、相場が良ければ運用益を自分に帰属させることが可能です(ただし、損失が生じる場合は自分が負担する必要があります。)。以下、解説します。

  • 2023年11月27日

離婚する際の連れ子との養子離縁。どのタイミングでどう行うのが適切?

弁護士の青木です。今回は、配偶者と離婚をする際、連れ子との養子離縁(養子縁組の解消)をどのように進めるのが一般的で適切なのか、お伝えします。離婚には、①協議離婚、②調停離婚、そして③裁判離婚と、主に3つの種類がありますので、それぞれの場合に応じて解説します。

  • 2023年10月27日

FIRE(経済的自由)と別居・離婚の相性が最悪であることについて【弁護士の解説】

インデックス米国株式と債券のポートフォリオを構築すると、運用資産の4パーセントを毎年削っても、資産の目減りはほとんどなく、むしろ数倍の資産形成の可能性もあるとされています。そのため、通常の会社員の方々でも、こうした生活を目標にし、日々の節約と、証券会社への可能な限りの入金に勤めている方々が多くいます。ところが、もしその人が家庭を持っている場合、日本の離婚率が3分の1であることを考えると、その達成可能性に重大なリスクがあることがわかります。弁護士が解説します。

  • 2023年6月2日

離婚交渉が決裂するパターン3選!

誰しも、離婚をすると決めたならば、できるだけ早く話し合いで済まし、裁判などにはもって行きたくないものです。しかし、当事者のどちらかが、パーソナル的に問題があったり、考え方に問題があると、合理的な決断をせず、話し合いで決着しなくなります。今回は、どのような場合に、離婚が話し合いでは決着せず、裁判に移行してしまうのか、お話しします。

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京)にお任せください!