審判前の保全処分とは

 審判前の保全処分とは、子の監護者の指定申立子の引渡しの申立をしている父または母が、裁判所が判断を下すまでに時間がかかってしまうことで子に不利益が生じてしまうことを理由に、家庭裁判所に対して暫定的に子を引き渡すよう求める手続きです。

  子の福祉のために、直ちに子を引き渡す必要性と緊急性の存在が必要とされます。

 裁判所が判断をするまでにかかる時間は短いですが、その分、裁判所を十分に納得させるだけの事情が必要となります。

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!

相談予約