子の監護者の指定申立とは

婚姻費用を目一杯もらう方法!

 子の監護者の指定申立とは、離婚した夫婦または別居中の夫婦の間で、夫と妻のどちらかが、自分の手元で子供の面倒を見ることを認めてもらうよう家庭裁判所に求めることを言います。

 家庭裁判所の判断がなされることになりますが、重視されるのは子供の健やかな成長や幸せです(「子の福祉」と言います。)。家庭裁判所は、父母のどちらと一緒に暮らすことがお子様にとって幸福であるかを判断することになります。

  家庭裁判所がとりわけ重視するのが、①これまで父母どちらが子供の面倒を見てきたか、②現在子供は父母どちらと暮らしているのか、③父母どちらの監護体制の方が良好か、④現在子供と暮らしている方は、もう一方に対して子供と面会交流することについて寛容であるか、という点です。

>弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所

弁護士法人プロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)は、離婚・男女問題に特化した専門事務所です。初回相談は60分無料で、平日夜間・土日も対応可で、最短で即日相談も可能です。あなたの、離婚に関するお悩みはプロキオン法律事務所(横浜・東京・大宮)にお任せください!

相談予約