本当?元妻が新しい恋人と再婚しても、養育費は払い続けなきゃいけないの!?

離婚であなたを守り切る。横浜プロキオン法律事務所
元妻が親権をもった場合、離婚後も支払い続けなきゃいけない養育費。

ところが、元妻が、どうやら再婚し、子どもと再婚相手と一緒に暮らしているらしい・・・

再婚したのであれば、元妻もお金に余裕があるのではと思う方も多いのでは。

このような場合でも、養育費は支払い続けなければいけないのでしょうか??

それとも、再婚したのだから、養育費はもう支払わなくて良いのでしょうか?

1 原則として、養育費の支払い義務はなくなりません!

残念ながら、元妻が再婚しただけでは、原則として養育費の支払い義務はなくなりません。

なぜかというと、あなたは子どもの父親である以上、離婚後も子どもを扶養する義務があります。この扶養義務があるから、養育費を支払う必要があるのです。

ところが、元妻が再婚しても、元妻の連れ子と再婚相手は当然に親子になるわけではありません。

親子でない以上、再婚相手には、元妻の連れ子を扶養する義務はないんですね。

だから、親であるあなたが引き続き養育費を支払う必要があります。

2 ただし、再婚相手と子どもが養子縁組している場合は、養育費は支払わなくてOKに!

逆に言えば、子どもと再婚相手が養子縁組をして親子関係が生じた場合には、例外的に元夫の養育費の支払い義務はなくなります!

養子縁組をすれば、子どもと再婚相手が法律的に親子になり、再婚相手が子どもの扶養義務を負うのですね。

そして、一般的には、同居している再婚相手(養親)の方が、一次的に扶養義務を負いますので、二次的な扶養義務者の元夫は養育費を支払わなくて済むのです。

ただし、再婚相手が収入がなかったり、労働できない状態であると、元夫が引き続き子どもの養育費を支払わなくてはならないことがありますので注意してくださいね。

3 養子縁組したかどうかを知るには?

養子縁組をしたかどうかは、戸籍を確認すればわかります。

ただし、すでに離婚していますし、子どもの親権者でない以上は元妻の戸籍をとることはできません。

その場合には、弁護士に養育費の減額交渉や調停を依頼して、弁護士の権限(職務上請求)で戸籍を取得して、養子縁組の有無を確認することができます。

なお、離婚の際に、あなたが親権者となり、元妻が監護権者となった場合には、養子縁組の同意をするかどうかは親権者であるあなたに権利があります。

4 公正証書や調停で養育費が決まった場合には、必ず養育費減額調停を!

ちなみに、公正証書や調停で養育費が決まっている場合は、子どもが再婚相手と養子縁組したとしても、従前の養育費の決まりは引き続き効果があります。

これを覆して、養育費の支払い義務がないと元妻に認めさせるには、改めて公正証書などで合意するか、養育費の減額調停を成立させる必要があるのです。

再婚相手と子どもが養子縁組したからといって、養育費を無断で支払わなくなると、最悪の場合、調停調書や公正証書を盾に取られて、給料や財産などが差し押さえられる可能性がありますので、注意しましょう。

弁護士のホンネ

本文中にも記載した通り、養育費減額のご依頼を受けて、元妻(元夫)が再婚した場合には、まずは元妻の戸籍を職務上請求で取得します。

その上で、元妻相手に内容証明を出したり、調停を申し立てたりと戦略を考えていきます。

再婚をしたと聞いても慌てず、しっかりと戦略を立てて対応していきましょう。再婚や養子縁組だけでなく、元妻が仕事についているかなど、離婚当時と事情に変更があれば、養育費の金額を変更できる可能性が十分にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚であなたを守り切る。横浜プロキオン法律事務所
弁護士 荒木 雄平(あらき ゆうへい)

弁護士 荒木 雄平(あらき ゆうへい)

投稿者プロフィール

横浜東京での無料相談にてお待ちしております」

リコネット 当サイト運営元
弁護士法人プロキオン法律事務所代表

横浜と東京に展開する、離婚・男女問題に特化した法律事務所です。年間350件の法律相談実績を持ち、交渉、離婚調停、裁判の豊富な実績があります。初回相談は無料です。次の6つの特徴が、多くのお客様から支持される理由です。

弁護士法人プロキオン法律事務所の6つの特徴
離婚・男女問題に特化。専門ならではの最高レベルのサービスの提供
☑年間350件の離婚・男女問題に関する法律相談実績
横浜駅徒歩6分、渋谷駅徒歩7分の好立地、好アクセス
日本最大級の離婚情報ポータルサイト「リコネット」の運営を通じた情報発信
☑働く方々のため、土日、祝日、平日夜間の無料相談が可能(9:00~21:00)
☑まるでカフェのようなホスピタリティあふれる相談ルームでの対応

無料相談の流れ、お申し込みはこちらをご覧ください。

弁護士費用については、こちらをご覧ください。

《LINEで簡単無料相談お申込み》
弁護士法人プロキオン法律事務所のLINE無料相談お申込みアカウントです。
LINEで簡単にご相談お申込みが可能です。
スマートフォンで「友だち追加」ボタンをタップして下さい。
友だち追加数

この著者の最新の記事

関連記事

プロキオン法律事務所(横浜事務所)

TEL: 0120-69-7183
平日: 9am - 8pm
土日祝: 10am-7pm
※離婚・男女問題に特化した弁護士事務所です。横浜駅西口「岡野の交差点」のすぐ近くです。無料相談を承っています。

プロキオン法律事務所(東京事務所)

TEL: 0120-69-7183
平日: 9am - 8pm
土日祝: 10am-7pm
※離婚・男女問題に特化した弁護士事務所です。渋谷駅徒歩7分、青山学院大学のすぐ近くです。無料相談の予約を承っています。
横浜プロキオン法律事務所

ピックアップ記事

  1. 1 納得できない2分の1ルール? 財産分与とは、婚姻期間中に夫婦で蓄積した財産を、離婚時に夫…
  2. 横浜の弁護士の荒木です。 性格の不一致やDV(暴力)、モラハラなど理由は様々ですが、夫と離…
  3. 結婚から10年以上たち、子どもも大きくなってきた40代。 夫や妻との同居生活に耐えかね、離…
  4. 「離婚や男女問題で専門家の力を借りたい!」 「法律的な見解や相場を知りたい!」 横浜…
  5.  「妻が離婚になかなか応じてくれない.」.. 横浜の弁護士の荒木です。 離婚弁護士として…
  6. なぜ男と女はすれ違うのでしょうか。 これについて知ることが、夫婦のお互いに対する理解につな…
  7. 奥様と暮らしているあなたにお聞きしてみたいことがあります。 奥様は、あなたに対する信頼や安心を…
  8. さて、今回は、あなたが配偶者との離婚を決意した場合、実際にどのように話を進めていくべきかという、…
ページ上部へ戻る
当サイト運営 プロキオン法律事務所(横浜・東京)