離婚、再婚、養子縁組で、「子供の戸籍」はどうなる!?

離婚であなたを守り切る。横浜プロキオン法律事務所
離婚、再婚、養子縁組した場合の子供の戸籍!
横浜の弁護士の青木です。
さて、今回は、弁護士などの専門家でも、実はあまりよく分かっていない、離婚や再婚、養子縁組と「子供の戸籍」について、整理してみたいと思います。

戸籍とは、国が各国民のアイデンティティを確認するために作られたものですね。
これに登録されていなければ、空から降りてきた宇宙人と同様、その者の正体が分かりませんし、国民として扱うべきなのかが分からなくなってしまいます。
そういうわけで、こうした戸籍制度は国民のアイデンティティを確認するために不可欠なわけで、子供の戸籍はより一層大事なものです。では、親が離婚をしたり、再婚をしたり、あるいは養子縁組をするなどして、その身分関係を変更させた場合、子供の戸籍はどのように変動するのでしょうか。

1 夫婦が離婚した場合の子供の戸籍

さて、結婚した夫婦の間に子が生まれた場合、その子は夫婦の戸籍に入ることになります。
戸籍の筆頭者は、夫か妻ですが、通常は、氏を変更しない夫が筆頭者になっているでしょう。
そして、夫婦がもし離婚してしまった場合、妻はその戸籍を抜けます。

このとき妻は、夫の氏をそのまま名乗ることができますし、元の氏に戻ることができます。
夫の氏を名乗る場合は、新たな戸籍を作ることになります。
元の氏に戻るときは、前の戸籍(自身の父親が筆頭者になっている戸籍)に戻ることもできますし、元の氏で新たな戸籍を作ることもできます。

では、この時子供の戸籍はどうなるでしょうか。
ここでは、離婚の時、親権者が母(元妻)になったことを前提として話を続けます。
実は、離婚しただけでは子供の戸籍は変動しません。
つまり、夫の戸籍にいるままということですね。

そこで、親権者である母は、子の氏の変更許可の申立てというものを、家庭裁判所に行い、親権者である母の戸籍に移動させてもらうのが一般的です。その上で子供の入籍届を提出すれば、親権者である母と同じ氏を、子供も名乗ることができるようになります。
なお、仮にこうした戸籍の異動をしなくとも、子供の戸籍欄には親権者が母である旨は記載されます。

2 親が再婚した場合の子供の戸籍(連れ子の戸籍)

ではその母が再婚をした場合はどうなるでしょうか。
子供は要するに連れ子となります。
このとき、2つの選択肢があります。
一つは、母親が戸籍から抜けて(男性と新しい戸籍を作り)、子供は前の戸籍にとどまるやり方。
もう一つは、母親と一緒に子供も戸籍から抜けて、新しい男性と戸籍を作るやり方。
この場合は、婚姻届と別に、子供の入籍届を提出する必要があります。

子供が戸籍に残る場合というのは、戸籍の筆頭者は母のままですが、その母が除籍になった状態ということです。戸籍上は子供がひとりぼっちの状況ですね。

もう一方の、子供も戸籍を異動する場合は、新しい男性の氏を名乗ることになります。
養子縁組をすれば、養子縁組によって、男性と母が作った新しい戸籍に子供も入ります。

しかし、養子縁組をしない限り、その男性が親権を取得することはありません。
養子縁組をせずに子供をその男性の戸籍に移す際には、家庭裁判所で子の氏の変更申立てを行う必要があります。これによって、男性の戸籍に入ることが可能です。

3 親が養子縁組した場合

さて、上記の1、2についてはひとまず忘れて下さい。
仮に、夫が他の人と養子縁組をして、養子になった場合、妻や子供の戸籍はどうなるのでしょうか。
例としては多くはありませんが、知っておいて損はないでしょう。

この場合、夫は新しい親の氏を名乗る新しい戸籍を作ります。
妻もそれに追随して新しい戸籍に入ります。
しかし、その際、子供は当然に戸籍を移るわけではなく、やはりそのまま留まることもできます。
一方、入籍届によって夫婦の新しい親の戸籍に入ることもできます。
(なお、妻だけが養子縁組した場合は、その身分事項欄に養子縁組の記載がなされるのみで、
夫や子供には変更はありません。)
子供の戸籍の異動に際しては、基本的に別途入籍届が必要ということですね。

無料離婚相談の流れ

《弁護士のひとこと》

これまで述べたことで大事な点は、父や母の身分が変動したとしても、
当然にはその子供の戸籍が変動するわけではないということです。
子供の戸籍に関しては、別途の手続きや入籍届が必要ということですね。
ぜひとも知っておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚であなたを守り切る。横浜プロキオン法律事務所
弁護士 青木 亮祐(あおき りょうすけ)

弁護士 青木 亮祐(あおき りょうすけ)

投稿者プロフィール


離婚不倫問題専門の弁護士集団


弁護士法人プロキオン法律事務所
東京事務所(渋谷駅7分)横浜事務所(横浜駅6分)

創立以来、離婚・不倫問題に特化し続けている法律事務所です。東京(渋谷)と横浜に事務所を構え、現在、年間400件を超える離婚・男女トラブルの法律相談を受けています。日本最大級の離婚ポータルサイト「リコネット」(当サイト)を運営しています。平日夜間、土日のご相談も可能ですので、お気軽にご相談ください(初回相談60分無料)。
公式ホームページ:http://yokohama-procyon.jp/
離婚特設ぺージ:http://rikon-procyon.com/
不倫慰謝料特設ぺージ:http://furin-procyon.com/

(東京事務所)

渋谷駅徒歩7分、青山学院大学すぐそば。渋谷KKビル。
詳しいアクセスはこちら

(横浜事務所)

横浜駅徒歩6分、岡野の交差点すぐそば。ペレネAiビル。
詳しいアクセスはこちら

無料相談は、お電話(フリーダイヤル)で簡単に予約できます。24時間受付しています。

メールフォームからも無料相談予約を24時間受付しています。30秒程度でできます。

《LINEで簡単無料相談お申込み》
弁護士法人プロキオン法律事務所のLINE無料相談お申込みアカウントです。
LINEで簡単にご相談お申込みが可能です。
スマートフォンで「友だち追加」ボタンをタップして下さい。
友だち追加数

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1 納得できない2分の1ルール? 財産分与とは、婚姻期間中に夫婦で蓄積した財産を、離婚時に夫…
  2. 横浜の弁護士の荒木です。 性格の不一致やDV(暴力)、モラハラなど理由は様々ですが、夫と離…
  3. 結婚から10年以上たち、子どもも大きくなってきた40代。 夫や妻との同居生活に耐えかね、離…
  4. 「離婚や男女問題で専門家の力を借りたい!」 「法律的な見解や相場を知りたい!」 横浜…
  5.  「妻が離婚になかなか応じてくれない.」.. 横浜の弁護士の荒木です。 離婚弁護士として…
  6. なぜ男と女はすれ違うのでしょうか。 これについて知ることが、夫婦のお互いに対する理解につな…
  7. 奥様と暮らしているあなたにお聞きしてみたいことがあります。 奥様は、あなたに対する信頼や安心を…
  8. さて、今回は、あなたが配偶者との離婚を決意した場合、実際にどのように話を進めていくべきかという、…
横浜プロキオン法律事務所
ページ上部へ戻る
横浜・東京(渋谷)にて無料相談を実施しています
リコネット運営 弁護士法人プロキオン法律事務所