離婚裁判とは

 離婚裁判とは、夫婦の一方が家庭裁判所に離婚を求めて訴えを提起して、離婚やその条件などについて裁判所の判断を求める手続きを言います。
 裁判離婚では、協議離婚や調停離婚とは異なり、裁判所が民法に規定された「離婚原因」があるかどうかを判断し、それがあれば判決で離婚を認めることになります。すなわち、「離婚原因」があれば離婚が認められ、それがなければ離婚は認められないことになります。
 もっとも、離婚裁判の手続きが判決に至ることは比較的稀であり、多くの場合はその前に和解離婚に至ります。

ページ上部へ戻る
横浜・東京(渋谷)にて無料相談を実施しています
リコネット運営 弁護士法人プロキオン法律事務所