離婚協議書とは

 離婚協議書とは、協議離婚に向けた話し合いの中で取り決められた事項を証明するために作成される書面であり、協議離婚における離婚条件に関する契約書のような役割を果たします。
 そもそも協議離婚は、調停離婚や裁判離婚とは違って裁判所が関与しない離婚方法であるため、取り決められた内容を書面に残しておく必要が一層高くあります。そのため、こうした離婚協議書が意味を持ちます。
 なお、財産分与の額、養育費の金額、慰謝料の金額などの金銭の支払いに関する取り決めについては、離婚協議書を公正証書で作成することにより、離婚協議書に執行力を持たせることができます。そのため、たとえ離婚協議書において取り決められた通りの金銭の支払いが滞った場合には、裁判所を経ないで強制執行を行うことができます。

ページ上部へ戻る
横浜・東京(渋谷)にて無料相談を実施しています
リコネット運営 弁護士法人プロキオン法律事務所